2018~2019年度 委員会構成

役 職 氏 名
会長

橋詰 希望

副会長

前田 博志

幹事

黒澤 明男

副幹事

青松 英和

 

 

委員会名 委員長 委  員
会員増強委員会  青松 英和  掛川 興太郎  渡辺 頼雄
 小林 秋生  
クラブ広報・情報委員会  新井 粒太  中河 邦忠  矢島 栄一
 鴨下 直哉  
クラブ運営委員会

 加藤 輝男

 

副)黒澤 明男

 前田 博志  小林 秋生
 青松 英和  矢島 栄一
 美齊津 明  朝倉 俊次
 鴨下 直哉  両川 博之
出席・プログラム委員会  黒田 説成  前田 博志  山口 洋一
 朝倉 俊次  
奉仕プロジェクト委員会  朝倉 俊次  小池 平一郎  中込 裕幸
 渡辺 英世  加藤 輝男
 鴨下 直哉  

ロータリー財団

米山記念奨学会委員会

 矢島 英一  渡辺 頼雄  矢島 英夫
 渡辺 英世  中込 裕幸
監査

 掛川 興太郎

 小林 秋生

   

今年度の抱負

会員増強委員会

会員増強はロータリーの活動を発展させ継承し、クラブの存続意義とさらなる発展の為に大変重要な手法です。

新会員が入会すると、クラブ内が活性化し、地域にロータリーの活動を広めることがより可能になります。

当クラブの2018年3月31日現在の会員数は22名,、内50歳未満2名、60歳未満1名、60歳以上19名の年齢構成で、平均年齢は69,78歳です。

クラブの活動を維持していくためにも新会員の加入は不可欠です。

近年高齢に伴う退会者が出る中で新会員の加入が続いていることは誠に喜ばしいことです。

今年度も、この勢いで会長、副会長、幹事及び委員の皆様を中心として全会員で会員増強に取り組みたいと考えています。

当クラブは従来から不断の会員増強を図っています。今年度も職業分類の一覧表を見直し、月初めの例会では会員候補者の名を上げてもらい、会長以下増強委員会が加入を促す活動をしていきます。

特に今年度は男女共同参画の時代を迎えた中で、男女各1名以上の新会員を誕生させたいと考えています。

少子高齢化の時代を迎え新会員の発掘は困難を極めると思いますが、皆様のご協力を得て何とかこの難問をクリア出来たらと思います。

宜しくお願いします。

クラブ広報・情報委員会

基本方針

 1)クラブの好ましいイメージづくりと会員増強

 2)メディアの関心を引くような活動

 3)ボランティア活動や話題と関連したプロジェクト

 4)会員が参加した国際奉仕プロジェクト

 5)機をみた演題で例会または公開講演会

例会での情報伝達

*クラブ会報毎週発行(輪番制)

*「ロータリーの友」の内容紹介(輪番制)

 当番の方は内容を検討し、絞ったコメントをお願いしたい。

クラブ運営委員会

 クラブ運常の基本は、週毎の例会運営にあります。会場はいつも和やかで、親睦に満ちた楽しい例会が開催できるよう心掛けたいと思います。そのために下記要領と例会での役割当番表を定めます。

 

1、役割当番者(3名)は例会開始の30分前に集合して、開催準備を実施確認し、受付に備える。

2、受付担当者と司会担当者は、ゲストならびにビジターを歓迎し、必要な所作のあと、笑顔顔で指定の席へご案内する。

3、例会場は禁煙となるので、喫煙は指定の場所を全員に徹底させる。

4、当番者が欠席するときは事前に代理者を用意して、委員長若しくは事務局に連絡する。

5、例会終了後は、臨席のゲスト,ビジターにお礼の言葉を申し上げてお送りする。

6、会場は当番者のみならず、出席の運営委員全員が協力して設営の後始末をする。

7、ニコニコBOXについては、世間的な感情の事、個人的な喜び・悲しみ、また、どうしても話を聞いてもらいたいこと、いろいろあるかと思いますが、出来れば会員ひとり月間1回以上のご協力をお願いする。

 ラッキー賞が当たった時は2,000円以上お願いする。

8、ゲスト・ビジターの方には、出来るだけ思いやりの対応を心掛ける。

 また、このお客様がニコBOXにご協力頂いた時は、所定の粗品(事務局方に用意の物)を差し上げる。

9、ビジターが、、当2600地区外から出席の場合は、当クラブのバナーを進呈致します。

10、特別例会を含めた恒例の親睦活動行事こついては下記のように予め、日程を予定(プログラム委員と打合せによる)して、計画内容については、その都度運営委員会を開催して詰め上げた後、郁合の理事会に上程する。

<親睦活動行事の日程予定>

2018年

 08月07日(火)納涼夜間例会(ご家族同伴親睦会)

 10月23日(火)小諸RCとの合同夜間例会・ゴルフ(小諸高原ゴルフ)

 11月18日(日)家族親睦旅行(日帰り)

 12月11日(火)クリスマスご家族夜間例会

2019年

 01月15日(火)新年会夜間例会

 03月05日(火)クラブ創立記念夜間例会

  月   日(火)小諸RCとの合同夜間例会・ゴルフ(小諸高原ゴルフ)

 

11、年度会計については、委員会を開いて、2018年~2019年度予算書前年度末までに作成し、新年度初回の理事会上程して承認を受ける。

12、会計報告については2019年5月の新・旧合同理事会に会計状況を報告し、その上で、6月末日報告書作成し、監査を受ける。

(監査報告書は、新年度理事会へ報告する。)

出席・プログラム委員会

出席について

出席は、最小限の奉仕です。

出席なくしては、目的は達せられません。

それによって、親睦が得られ、奉仕の理想が高められます。

例会に出席できないときは、他のクラブヘのメイクアップをお願いします。また、前日15時までに事務局へ連絡をしてください。(務局 23-8125 ファックス 23-2788)

それ以降になると食事の用意がされてしまい、無駄が生じます。

当日の無断欠席はなくしましょう。

 

 

プログラムについて

 (1)会員同志、一層深く知り合い親睦が深まるようなもの。

 (2)ロータリーを理解させるもの。

 (3)広く各業界や地域社会を知り、奉仕活動の資料となりえるもの。

ロータリーの目標である親睦と奉仕を促進するものということになります。このためには、外来者講演はもとより会員のスピーチの方が効果がある。

奉仕プロジェクト委員会

 多岐にわたる委員会活動の全てを把握するのは難しいと思いますが、本クラブの先輩方にご指導をいただき、また委員の皆様とのコミュニケーションをしっかり取り、前年の活動を参考にしながら『ロータリーの目的jに沿った奉仕活動を遂行出来ればと思います。

活動予定

1.職場例会の開催

2.職業奉仕賞の選考と表彰

3.飯綱山公園の下草刈り等の整備活動(8月・11月・6月)

4.未来の夢計画実施についての検討

5.その他、泰仕プロジェクト委員会として考えられる活動の実施

ロータリー財団 米山記念奨学会委員会

 ロータリー財団の補助金による奉仕活動の内容や米山記念奨学会の活動意義の理解を深め、各寄付金について地区の方針・目標を会員の皆さんにご認識をいただき、ご理解とご協力のもとに目標を達成して参ります。

 

【ロータリー財団】

 ① 年次寄付は目標額1人平均150ドルを達成する。

 ② ポリオ撲滅を達成するため、1人30ドル以上を達成する。

 ③ 地区補助金事業の継続と充実化を図り、クラブのイメージアップに努める。

 

【米山記念奨学会】

 ① 普通寄付1人3,000円以上、特別寄付1人年平均2,000円以上の目標を

   達成する。

 ②  米山奨学生・朴敏貞さんの活動支援やクラブとの親睦を図るとともに、

        カウンセラーのサポートに努める。

2018年~2019年度

会長:橋詰 希望

幹事:黒澤 明男

 

小諸市相生町1-2-12
エイワンビル2階
TEL 0267-23-8125
FAX 0267-23-2788